一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.09.23 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク



「こんばんは。
 お品届きました。見込みの感じが好きです。
 早速加賀太きゅうりの翡翠煮を冷たくして盛りつけてみました。
 お料理が楽しくなりますね。
 ありがとうございました。」
 
京都市Kさまから頂戴しました。
涼しげで美味しそうですね♡素敵♡
お近くにお住まいなので、祇園祭ですね〜などとメールをさせていただいておりました。
いつかお会い出来るとうれしいです。
Kさま、ありがとうございました!!

しかしめっちゃ暑い京都の祇園祭です。
昨夜「わ〜い!祇園祭!!」と店主と出掛けますと・・・歩行者天国ではなく嫌な予感が!!
そうでした。昨年から後祭りが再開され14日には屋台がでないのでした。
・・・。
しょうがないのでとんかつをがっつり食べて帰ってきました。とほほ。

今日の午後から店主のおつとめさきは祇園祭休み(室町は鉾が建つので物流がとまるため)です。
めっちゃ呑むN氏に昼間からビアホールで呑もうと誘われて、会社帰りに行くそうです。
ひーくんもいっしょにと誘われましたが、前回推定2リットル(日本酒7:ビール3)ぐらい呑んで、
へべれけになったので丁重にお断りいたしました。ワタシは断酒中です。
それにしても今年の祇園祭休みは長いです!長いところは10日間もあるらしいです!!

何して過ごす?とか聞かれましたが、こう暑いとね・・・。
病院行って、itonowaの現場に遊びに行って、じみへん読んで、ごろごろするだけですね。
あとは王家の紋章を大人読み!
店主はどっかで何かいいのを仕入れてくれたらな、と思います。

H子


 



ルクラシックのギャラリースペース「ギャラリー 一間(いっけん)」が入る京都市町家改装支援プロジェクト・itonowaの現在です。
ひさびさに訪れると大工さん(多田さん)と建築士の吉田さんがいらっしゃいました。
建築士吉田さんはすらりと背が高く、今度もうひとつのうちの店「ヴィンテージドレス小梅」のモデルになっていただくことが決定。
いまからいろいろ考えることが山積みであります。





美濃須恵盃。
平安時代、非常に景色のよい盃であります。
深さもあり、まさにベストサイズ、希少な作品です。

いよいよ来週15日午後からは祇園祭り休み。
20日までの5連休、昼間は仕入れ、itonowaの手伝い、夜は屋台めぐりにでかけたいと思います。



オンラインには未掲載、店主のブログにアップしています古瀬戸水注であります。
もうすぐ祇園祭。
我が家では毎年3日連続屋台めぐりをします。
明日明後日は仕入れ、イトノワの現場状況をみにいってきます。

 



本日より「いちまんえんセール」開催しています。
会員のかたには一足さきにメルマガにてご案内させていただきました。
ほぼすべてお買い得かと思いますので、
ごらんください。
(いちまんえん以下のものも同じボックスに入っています)

 



ぐいのみに使用可能なまじめな唐津の小壺です。
口縁には4か所の金泥直し。
高台付近もかりっと焼けて好ましい。
胴にややカセとスレもありますが、永く使うことでまたそこも変化していくかと。
オンラインには未掲載、店主のブログに詳細をアップしています。





先日ご来店いただいたTさまよりおみやげをいただきました。
大阪の「灯しびとの集い」でも一番の行列ができるお店のものだそうです。
包装や黒文字もおしゃれですね!!(あんまりな写真です申し訳ないですが)

(実は以前おみやげをいただいた際のお返しにもならないのですが)
前回ちょうど実家父が1升炊きの勢いでタケノコごはんを作っていたので、
「タケノコごはんを持って帰っていただきなさい!」と言うので無理やりお渡ししました…。
そのお礼ということで実家両親にまで今回同じものをいただきました。
親も喜んでおりました。お気遣いをいただいて申し訳ないです。

あと私が結婚式の写真を見せてください!とリクエストしていたら、
Tさまは雨の中、なんとノートPC持参で来てくださいました。
こだわる人のウエディングとはいかがなものか、と思っていたのでたいへん参考になりました。

何もかも素敵でしたが、テーブル装花が今まで見た中で一番素敵でした。
ツェツェの四月の花器のような・・・。
お花にもいろんな可能性があるなと改めて思いました。



あと、「和楽」をご覧になったときに、
ソケット?が気になっていたのです、とのことで碍子?をいただきました。
ご自分の家を改装されたときに残っていたものです、と。
図々しくもらってしまいました。すみません・・・。

Tさま、いろいろありがとうございました!

H子


 



李朝初期堅手茶碗。
いわゆる堅手のなかのやわらか手といわれているもので、
非常にうすい造りです。
茶映りが良く、仕入れて後、しばしば使用しております。
オンラインには未掲載。



根来椀(根来寺のものは根来塗椀、そうでなく根来塗りに近いものを一般的に根来椀という)。
残念ながら画像の通りニュウがあり、そこから漏れます。
しかしこれは何度かお茶を点ててみると埋まるかもしれません。
ごく薄い作り、坊主や落ち武者が造ったものではなく
塗師が仕上げたものかと思います。
 



本日ブログ引っ越しいたしました。
え、テンプレートかえただけちがうん?と言われそうですが、
明日で前書いていたブログサービスを終了するそうで、
ひっしのぱっち(関西人しかわからないかも)で作業しました。

エクスポートってなんやねん、わけわからへんし外部ブログにかえようと思ったら、
文章のみ引っ越しできて画像が出ない・・・(涙)で悪態をついておりました。
明日がリミットなので出来なかったら以前のやつは強制的に消えるそうで、
そうなったら新しくはじめるつもりでしたが何とか成功!
寄る年波のせいでブログはわりと忘備録がわりになるので、よかったよかった。
なんかちょっとかなり使い勝手も違うし画面も違うかと思いますが、慣れていただけると有り難く思います。

先日から、かわいい花材が手に入ったので秋に向けてブーケなど制作しております。
什器などもぼちぼち揃ってきて、ナポレオン的なやつとかを無理矢理実家の仏間に押し込めて親に怒られています。
入居予定のitonowaは近所なのでよく工事現場に行きますが、建物がかわっていくさまを見るのは楽しいものです。
8月頃には壁を塗ったり床を塗ったりでこの夏は天然ダイエットに成功するかも!
って無理ですね!

H子
 


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM